カルテコで何が変わるか?

 診療情報は誰のもの――。
 このような素朴な疑問に対して、メディカル・データ・ビジョンは診療情報を患者さんが保管・閲覧できる「カルテコ」(カルテの倉庫の意味の造語)を開発しました。そこには、生きることを他人事にせず、“自分事”にしようという思いがあります。

 「カルテコ」により、患者さんは診療情報の一部、CTやMRIなどの検査画像をスマートフォンやPCで、いつでも閲覧することができます。「カルテコ」は機能強化を続けていて、健診データも確認できるようになったほか、自分で体重、血圧、血糖などの測定値や歩数、睡眠といった生活情報を登録することも可能になりました。

 「カルテコ」のサービスを付帯した病院向けソリューション「CADA-BOX」は相次いで地域の基幹病院に導入されています。「CADA-BOX」には決済機能も備わっています。「CADA決済」を活用すれば、外来や退院時に現金が要らないほか、支払回数や金額などを自由に設定できるため、不意の高額な医療費による経済的な負担を軽減することができます。

Information

  • 新着情報
    医療ポータルサイト「めでぃログ」がオープンしました。
    患者さんがその時点で最良な医療にたどりつき、自分にとってベストな医師に出会うための情報を発信していきます。このサイトは日々、進化していきますので、ご期待ください。