記事サムネイル

乳がん検診精度向上で受診者の負担軽減へ 「月一自己触診」で中間期乳がんを早期に発見

 社会医療法人財団石心会(神奈川県川崎市)で外来に特化した第二川崎幸クリニック(関川浩司院長)乳腺外来の木村芙英医師は、乳がん検診でがんを発見する感度を高める一方、特異度、つまりがんでない人をがんでないと正しく判断する精度を向上させる重要性を強調。

記事サムネイル
記事サムネイル
記事サムネイル
記事サムネイル

Information

  • 新着情報
     医療ポータルサイト「めでぃログ」がオープンしました。患者さんがその時点で最良な医療にたどりつき、自分にとってベストな医師に出会うための情報を発信していきます。このサイトは日々、進化していきますので、ご期待ください。